産後骨盤矯正

産後骨盤矯正バナー
このようなお悩みはありませんか?
ズボンが閉まらないお母さんのイラスト
  1. 履けていたズボンが産後履けなくなった
  2. ポッコリお腹が気になる
  3. むくみや便秘、尿漏れが気になる
  4. 股関節に違和感があり、歩くのがつらい
  5. 生理痛がひどい

産後の骨盤

お母さんと赤ちゃんの写真

産後は骨盤が歪みやすいことを忘れないでください!

出産を経験してホッと一息つくと、その先には忙しい毎日が待っていると思われます。

しかし、出産後の一定期間は骨盤が歪みやすいのでくれぐれも注意してください。

その原因はリラキシンというホルモンにあります。
このホルモンは妊婦さんにとって強い味方となります。

赤ちゃんが骨盤の間を通過していくことは、通常のお母さんの身体では難しくなります。
そこでこのリラキシンが活躍するのです。

お母さんが腰を抑えている写真

リラキシンには靭帯・関節、骨盤の結びつきを弱める働きがあります。
そうすることによって赤ちゃんが通る道を広げることができます。
このホルモンは出産後の少しの間分泌され続けます。

その働き自体は必要不可欠なものなのですが、注意をしないといけない点として、骨盤の結びつきが弱くなっている分、その時期には骨盤が少しの負荷や無理な姿勢によって歪みやすくなっているということです。

出産を経て少し体が回復すれば、あとは妊娠前の生活で全く問題ないかというと、骨盤のことを考えると少し問題があります。

出産によって骨盤が歪むというよりは、骨盤がゆるんでいる時期に受ける影響によって歪むという方がより正確です。

骨盤の歪みを放っておくと…

  • 肩こり、頭痛
  • 腰痛
  • 股関節痛、恥骨痛
  • 痩せにくい体質
  • ポッコリお腹
  • 冷え、むくみ、尿漏れ
  • 身体の不調によるストレス

など、身体に様々な影響を与えます。

さらに、骨盤が開いたままだと、赤ちゃんが収まっていた空間に内臓が下がり、血流も悪くなって疲労が回復しなくなります。

内臓から疲労を取り除く前のコルセットや自己流ストレッチでは、骨盤の歪みが悪化することもあります。

健康な身体で子育てが出来るよう、身体のプロによる正しいケアを受けることをおススメします。

太子堂の産後骨盤矯正で健康的に美しく!

マンツーマン施術で、どんなお悩みも相談しやすい

施術写真

産後のお身体はとても繊細です。
目まぐるしい忙しさで、自律神経や内臓など疲労困憊になっています。

他の人に聞かれたくないお話や、デリケートなお悩みにも、寄り添い、目標や理想の身体に近づけるサポートをします。

些細なことでも、お気軽にご相談ください。

ソフトな骨盤矯正

施術写真

骨盤矯正と聞くと、ボキボキ矯正されると思う方も多くいらっしゃると思います。

岩国の太子堂では、ボキボキしないソフトな手技で、身体を調整していきます。

股関節や骨格、内臓を正しい位置に戻し、痛みや内臓疲労のない健康なお身体へ導きます。

生活習慣の見直し

問診写真

お子様が生まれると余裕がなく、時間にも追われた生活で、
自分の食事やケアは適当に済ませてしまうと思います。

口から取り入れる栄養はとても大切です。

食事や生活のリズムを整え、身体の内側からも綺麗にしていきます。