メニュー
施術料金と治る仕組み・アクセスを知りたい→Click!

【初心者向け】栄養失調からくる痛み不調を整体セルフケアする方法

こんにちは、ohtaniです。
このブログでは、痛みと精神的な不調のノウハウについて詳しく解説しています。

痛み・不調を早く治したいです。
セルフケアの方法を教えてください。

以上のような、セルフケアに関する質問に答えます。

当ブログはコツコツ研究した結果、お客様から喜ばれています。また口コミ紹介も増えつづけており、現在は営業9年目になりました。

この記事では以上のような経験をもとに、栄養失調のセルフケア方法と、痛みを治すまでの流れを解説します。

※整体の仕組みを詳しく知りたい方は整体で治すってどういうこと?でまとめていますので、まずはこちらからお読みください。

目次

栄養失調からくる痛み不調が治るまでの流れを確認しよう

栄養失調が治るまでの流れは、以下の通りです。

✔︎栄養失調が治るまでの流れ
①はちみつをとる
②水分をとる
③ミネラルをとる

セルフケアで栄養失調を治す手順はこれだけです。

栄養失調とは?

体を動かすためのエネルギーが不足している状態です。

これまで自己流の食事制限ダイエットをしたり、食事がファストフードに偏って同じものばかりを食べていると、ほとんどの人が隠れ栄養失調になっています。

以下では、栄養失調のセルフケアを解説します。

栄養失調のセルフケアかんたん方法を解説

1.まずは栄養失調の対策を確認します。

4.次に、低血糖の解消方法を確認します。

✔︎はちみつを選ぶ
はちみつの成分は、肩こりや腰痛改善に大きく影響します。また、プラスチック容器に入ったはちみつは、疲労がたまりやすくなってしまうものもあるので、安定したはちみつを選ぶという意識が大切です。

はちみつは医薬品(生薬)

抗菌・抗炎症作用を持っており、古くから治療に使われていました。厚生労働省の日本薬局方では「はちみつ」は医薬品(生薬)として記載されています。

純粋はちみつは以下の3つがおすすめです。

早く治したい方にはマヌカハニーがおすすめです。
カサハラ1000/カサハラ600レザーウッド

※マヌカはちみつは海外でも話題、セレブもご愛用の定番です。
テニス世界No.1プレーヤーのジョコビッチやサッカー日本代表 長友佑都、オリンピック元水泳日本代表メダリストの松田丈志など、一流アスリートも愛用していることを公言しています。

運動が苦手な方でも、朝昼晩スプーン一杯から始められます。

5.続いて、水分とミネラルを補給します。

▶水分→お茶やミネラルウォーター
▶︎海塩→スーパー・ネットで購入できる雪塩やネットで購入できる皇帝塩、このような定番を選んでください。

6.食事のポイントを確認します。

タンパク質と炭水化物(糖を含める)の1日摂取量をみると、このように1:2が理想とされています。(※こまかく守らなくてもよい)

これで栄養失調のセルフケアが完了です。

✔︎栄養ポイントのまとめ
①糖エネルギーの解消
…純粋はちみつを使用
②ミネラル不足の解消
…海塩に変える
③脱水の解消
…1日1リットル〜

これで栄養不足のセルフケアが完了です。
(※わかりにく箇所があれば、コメントやお問い合わせフォームより教えていただけると幸いです。ご協力お願いいたしますm(__)m)

セルフケアおすすめの初期設定

はちみつを選択できたら、セルフケアを開始する前に「初期設定」をします。

症状安定化に必須な「精神」「自然治癒力」に影響する部分なので、以下の記事を参考にしてください。

▶︎【重要】整体セルフケア開始前、最初にするべき3つのこと(作成中)

痛み・不調のパターンを学習する方法

セルフケアは、自分でパターンを組み立てていく必要があります。

そこで学習テンプレートを利用することで、痛み・不調のパターンを簡単に回避することができます。

以下の記事ではおすすめのテンプレートを紹介しているので、是非痛み・不調のパターンを学習してください。

▶︎【最新版】精神的不調に強いおすすめテンプレート(作成中)

トランス状態への入り方とトランス意識の脱出方法

セルフケアの質を上げるために、トランス回避ルートを設定します。

トランス状態に入ると栄養不足になりやすいので、回避するルートを設定します。(記事作成中)

人間関係のストレスについて

ストレスの仕組みについてお伝えいます。(作成中)

以上で整体セルフケアの方法完全マニュアルは終了です。

ここからは、最短距離で症状を治す流れを解説します。

最短距離で症状を治すための5ステップ

全セルフケアを始めたら、誰でも最短距離で症状を治すことができます。

最短距離で治す流れは、以下の通りです。

✔︎最短距離で治すまでの5ステップ
①症状のメカニズムを理解する
②整体セルフケアのテーマを決める
③痛み・不調のパターンを学習
④整体で原因を改善する
⑤生活習慣(セルフケア)で維持する

以下で詳しく解説します。

①症状のメカニズムを理解する

まずは、肩こり腰痛のメカニズムを理解します。

こちらの記事でまとめたメカニズムで、当院では口コミ紹介も増えつづけており、現在は営業9年目になりました。

▶︎【メカニズムの解説ツール】(作成中)

②整体セルフケアのテーマを決める

次に、整体セルフケアのテーマを決めます。

セルフケアをするなら『メカニズムに沿ったテーマ』を選んで実践してください。

✔︎セルフケアのテーマの決め方
・実践して苦にならない
・理にかなっている
・過去/現在/未来の自分と関連している

このような条件に当てはまるテーマに絞ってセルフケアを実践するのがおすすめです。

③痛み・不調のパターンを学習する

続いて、生活パターンを学習します。

以下の記事でまとめたテンプレ通りに行動すると、痛み・不調のパターンから解放されます。

✔︎この記事で達成できる目標
・痛み・不調のメカニズムがわかる
・安定した体調が持続できるようになる

▶︎【完全版】テンプレート(作成中)

④整体で原因を改善する

セルフケアをいくつか行ったら、整体で改善します。

痛み・不調を治すには、整体に行くことも必要です。(必要ない場合もある)

以下の記事では、初心者が押さえておくべき痛み・不調の原因を紹介しています。

✔︎初心者が押さえておきたい原因
・疲労骨折(骨のヒビ)
・骨の亜脱臼(関節のズレ)
・肉離れ
・捻挫
・ウイルス
・原因不明
※自然治癒を妨げている原因なので、セルフケアの効果がみられないときは早期に受診して治してもらうのがおすすめです。

⑤生活習慣(セルフケア)で維持する

ウォーキングなど軽い運動を生活に取り入れて、日ごろから体力をつけておきましょう。適度に疲労することでぐっすり眠れます。

✔︎重要なポイント
・酸素を確保(低酸素になると疲れる)
・体を動かすこと(酸素を吸うため)

以上で整体セルフケアの方法完全マニュアルは終了です。

最後に、疲労回復のお役立ち記事を紹介します。

疲労回復のノウハウを解説

以下では、疲労回復に必要なノウハウを紹介します。

疲労回復の即効性を高める方法

疲労回復の即効性を高めるためにチェックをしていきます。

即効性をだすには、原因分析チェックシートを使用します。

これが、これから即効性を出していく疲労回復の裏側になります。
疲労回復を妨げている原因になるので、一度プロに確認してもらいましょう。

ぼんやりとイメージできるようにしておきましょう。

FPGs CLUBに登録

セルフケアを始めたら、FPGs CLUBに登録しておくのがおすすめです。

FPGs CLUBとは、ohtani運営のWebサイトで、質問・アドバイスなどが得られる集まりのことです。

こちらの記事で参加申込方法をまとめているので、今すぐ始めてみてください!

▶︎【最新】FPGs CLUBに登録するための手順(作成中)

疲労回復の勉強に役立つおすすめ本

当ブログを伸ばせた大きな理由は、最前線で活躍している医者や治療家が「良い」と言っている本やネット記事をひたすら読み続け、その知識を実践したからです。

そこで以下の記事では、特に伸び悩んだ時期に参考になった本を詳しく紹介しています。

こちらの記事から3冊ほど読むだけで、一通りの整体のノウハウが身に付きます。

▶︎【有益】疲労回復の勉強に役立つおすすめの本(作成中)

まとめ:成果を出せる人は、すぐに行動できる人

この記事では、整体セルフケアの方法と流れを解説しました。

僕はセルフケアを実践してからコツコツと続けて、体調をコントロールできるようになりました。

これは目先の利益ではなく、未来の自分のために行動してきた結果です。

毎日少しずつでも回復する余白が増えると、それだけで生活は変わります。

ここまで読んでくださった方も、後は実際にじぶんの手を動かすだけなので、今すぐ健康な人生の準備を始めてください!

ちなみに、体が強くなるための方法を以下の記事でまとめています。

▶︎【体がだるい原因を鍛える?】整体師がブレずに7年間強くなるまでにやったトレーニング方法を全て公開します

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

役に立ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる