メニュー
施術料金と治る仕組み・アクセスを知りたい→Click!

【重要】整体セルフケア開始前、最初にするべき3つのこと【初心者におすすめの初期設定】

こんにちは、ohtaniです。
このブログでは、痛みと精神的な不調のノウハウについて詳しく解説しています。

セルフケアではちみつを買いました。
初期設定はどうすればいいですか?

以上のような、整体セルフケア初心者の質問に答えます。

当ブログはコツコツ研究した結果、お客様から喜ばれています。また口コミ紹介も増えつづけており、現在は営業9年目になりました。

そこでこの記事では、整体セルフケアではちみつを購入した後、僕がまず最初にやった設定を一覧にして紹介します。

※※上から順にたどっていけば、整体のメカニズムに詳しくない方でもセルフケアで元気になれるので、頑張りましょう!

整体セルフケアを始めるのに、最低限必要な設定は以下のとおりです。

✔︎初心者のための整体セルフケア初期設定
①栄養テーマを設定する
②トランスゾーンを設定する
③行動パターンを再設定する

以上を詳しく解説します。

まずは①栄養テーマの設定から始めます。

目次

①栄養テーマを設定する

まずは、動きやすい身体にするために「テーマ」を設定します。

【解説】栄養テーマとは?

栄養テーマとは、体を動かすエネルギーとなる材料を選択することです。

栄養テーマを設定すると、途中で変更するのに「1年以上」かかります。※多くの人はタンパク質を燃料に動いているので、ここでは糖を燃料にうごく方向へ変えていく話をします。

このように、栄養材料を決めることで健康の知識が一切なくても、誰でも健康になることができます。栄養だけで効果を得ようとした場合、最低でも1年〜かかります。期間を短くするために、他のセルフケアを細かく設定するのです。

解説すると、当院のオススメする栄養材料【はちみつ】はこんな感じ。

このように【糖質が悪】として一般認識されているので始めにくいイメージ。
このままだと「頭が狂った怪しい奴」です。苦笑

そこで「テーマ」を設定して、糖とタンパク質のバランスを大幅にコントロールします。

僕がおすすめする栄養テーマは以下の2つです。

✔︎おすすめ栄養テーマ
・有料テーマ:はちみつ
・無料テーマ:白ごはん

体調を安定化したい方は、複雑な設定が不要な「有料テーマ」を利用してください。
整体セルフケアや体メカニズムの知識がいらないので、セルフケアの効果が出るまでの時間を圧倒的に短縮できます。

※糖の効果は1年かかるので、できるだけ早くはちみつを始めた方が結果につながります。

テーマを設定したら、次はトランスゾーンを設定します。

②トランスゾーンを設定する

【解説】トランスゾーンとは?

トランスゾーンとは、潜在能力が解放されやすい場所のことです。

自分の感情とは無関係に、コントロールできない不安や悩みなどが表れる幻覚状態になってしまう場所があります。また、その幻覚状態から身を守ろうと脳が頑張るので、糖を大量に消費してしまう場所です。

トランスゾーンは実はとても大事なポイントになっているので、整体セルフケアを始めたこのタイミングできっちりと設定しておきましょう。
(※今は分からなくても、後々理解できると思います。)

トランスゾーンの設定方法

昔の人たちが残してくれた、神社や祠、地蔵などを活用します。

南岩国地方には100余りの神社・祠があったと言われていますが、現在、確認できるのは4カ所です。今後更新していきたいと思います。

トランスゾーンは、修行などで能力を高めたい場合に用います。(行を修めて、神が宿った人を神主と呼ぶ)

健康に生きていくために修行は必要ありません。また、知らないでトランスゾーンに入っても糖を大量消費するので、近寄らない工夫も必要です。

最後に、行動パターンをリセットします。設定完了までもう一息です。

③行動パターンを再設定する

【解説】行動パターンとは?

上でも解説したように、今の段階のはちみつセルフケアは【体】のガソリンだけが満タンになっているようなイメージです。

そこで、行動パターンを取り入れていくと、体の燃費を向上することができます。

絶対に入れておきたい行動パターンはこちら。

✔︎絶対に設定しておきたい行動パターン
①迂回路を決める
②行動記憶
③バックアップ対策

この3つの行動パターンは、カラダを管理するのに最低限必要です。

はちみつ開始と同時に行動パターン化して、整体セルフケアを強化していきましょう。
(※最初はよくわからないと思いますが、以下の流れでパターン化すればOKです。)

①迂回路を決める

迂回路とは、体のガソリンが消耗しやすいルートを通らないことです。注意点は以下の記事で解説しています。

▶︎【最新版】整体セルフケア『迂回ルート』の設定方法(作成中)

※寝たら疲れがとれる方や精神的に体調が安定している方は、迂回ルートの設定は不要です。

②行動記憶

行動記憶はtaishidoがおすすめする原因追跡法です。
行動記憶は原因追跡の精度が高く、生活習慣の悪いクセや相性の悪い人などの原因追跡はこれ1つでOKです。

ちなみに、整体セルフケアに「ストレッチや筋トレ」が入ってないのは、これらの運動は悪いクセを増やすだけなので削除してます。

設定方法は以下にまとめています。

▶︎【整体セルフケア】行動パターンの記憶方法『原因追跡』(作成中)

③バックアップ対策

数ヶ月後にセルフケアが軌道に乗って、体調がよくなってきたときに、まさかのトラブルで痛みが出てきてしまった、、、

そんなときのために必要なのが「バックアップ対策」です。
「こういう時はどう対処すれば良いのか」と、失敗することでリアルな対策を学習できます。

ohtani運営のWebサイトで、質問・アドバイスなどが得られる集まりがあります。

こちらの記事で参加申込方法をまとめているので、今すぐ始めてみてください!

▶︎【最新】FPGs CLUBに登録するための手順(作成中)

まとめ

以上で整体セルフケア開始前、最初にするべき設定は、すべて完了です。

知らない言葉がたくさん出てきたり、戸惑うポイントが多かったと思いますが、整体セルフケアと同時にここまで設定できたら、確実に健康に近づいています!

整体セルフケアは実践しながら慣れていくのが一番の近道です。

なので今はとりあえず手を動かしつつ、整体セルフケアに馴れるまでいち早く持っていきましょう!

役に立ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる