痛みとは?最短で効果を出すために必要な知識と実践方法の全て

痛みとは?最短で効果を出すために
必要な知識と実践方法の全て

痛みとは、持っている筋力や体力にダメージを与える可能性のあるものを避けるための一連のストップ信号のことだ。(回復を手助けする役割もある)わかりやすくいえば、「自分のカラダを1番に行動させるための警告」とも言える。

このページでは、よりカラダを健康にさせたい方に痛みを攻略するために必要な知識とスキルを全て解説している。

ここで解説している通りに、真剣に取り組んでもらえれば、どのような症状の方でも今までをはるかに上回る体力と、コンディションを実現することができるようになるだろう。

現在、思うように関節の動きが良くならなくて困っている方はもちろん、ある程度動きは良くなっているのになぜかコンディションに恵まれないという方でも、あらためて真っさらな気持ちで当ページを隅々まで読んで欲しい。必ず役に立つことを約束しよう。

目次

痛みとは

痛みは簡単に言えば「自分のカラダ1番で行動するための一連の合図」だ。そして、今ではほぼ全てのヒトがより多くの解決方法を実行し、カラダを健康にするために切磋琢磨している。

解決方法で最短効果を出すためには様々な治し方を実行する必要がある。まずは主に行われる4つの重要な治し方を紹介していこう。

痛みで重要な4つの治し方

主に行われる治し方としては

  • 疲労ヶ所のエネルギーを満たす良質な栄養習慣の作成
  • 疲労たまるDNAの認識
  • 疲労ダメージに血液を適切に運ぶための技術的最適化(内部対策)
  • 良質な実践フィードバックの反復(外部対策)

の4つが挙げられる。

この4つの治し方は健康なカラダを目指す全てのヒトが必ず行っている治し方であり、もし現時点で実践できていないならこの記事を読み終わったあとにすぐに実践する必要があるほど重要なものだ。

痛みが重要になる理由

痛みを治す最大の理由は長い人生で健やかなモチベーションを維持できることにある。

痛みはダイエットと違い、結局なにをしたらいいか分からない。良質な栄養習慣を作成し、全身にエネルギーを運びやすいように最適化を施し、良質な実践フィードバックを繰り返していれば自動的に血液が痛んだ細胞を修復するようになるからだ。

そして、血流をよくすれば健やかなメンタルも維持しやすくなる。

上記の数値は国際医学の本に掲載された全身血流量の比率になる。

この数値を大きく分けた場合、内臓の血流比率が49%となるのだ。

つまり、早期回復のキーポイントである内臓を修復すれば全身に流れている血流の49%はあなたの痛んだ細胞へ流れ、早期回復が行われるのだ。

筋肉を修復すれば全身の20%の血流量で回復が始まる。

実際に70%以上の血流量で早期回復を行いたい場合、脳や心臓の17%修復したとして、内臓+筋肉+脳の血流比率を足して76%を超えるのだ。

筋肉や体力はどうやってダメージの早期回復を行うのか

痛みは筋力や体力のダメージを避けるための一連のストップ信号のことだが、そもそも筋力や体力(主に痛み)はどのようにダメージの早期回復を実行しているのだろうか。

実は、あなたがダメージを受けてから、痛んだ筋肉や体力は以下の3つのステップによって回復を実行している。

  • レセプター:痛みのコントロールセンサー(レセプター)があなたのダメージを発見する。
  • ステロイドホルモン:痛みがあなたのダメージを助けるために放出(ステロイドホルモン)する。
  • ターンオーバー:痛みがあなたのダメージの早期回復を基礎代謝に基づいて行なう。

仕組み自体は非常にシンプルだ。筋肉や体力にダメージを受けたアクシデントをレセプターが発見し、それを助けるために炎症して放出(ステロイドホルモン)。そして、あなたが栄養摂取を行なった時、栄養状態に応じて関連性の高いエネルギーを基礎代謝に基づいて合成し、DNAの遺伝子配列との相対比較をしたうえでターンオーバーして回復しているのだ。

ダメージ部分に最も価値あるエネルギーを提供するための回復システム

ダメージが回復システムを起動させるのは「自分の人生で健やかなモチベーションを維持するため」であり、「自分の人生」を遺伝子に配列される「DNA」で実行する。回復システムは遺伝された「DNA」からダメージが「モチベーション」を作成し、「最も関連性が高く、有効な成分が凝縮されたエネルギー」を合成しているのだ。

  • DNAを起点としたダメージがモチベーションを作成
  • DNAに対して関連性が高く、有効な成分が凝縮されたエネルギーの合成

簡単に言えば、この2点を実現するためのDNA情報が回復システムなのだ。

痛みは常にダメージのアクシデントに備える回復システムを起動したいと考えている。ダメージを避けるための行動とエネルギーを合成すれば「早期に治すもの」としてダメージの回復システムに使ってもらえるからだ。

そのために回復システムは毎日細かくエネルギー合成を行い、ダメージ回復の精度向上に常に努めターンオーバーの活性改善を行っている。

また、日々の細かな改善とは別にDNA情報の回復システムのアップデートも行っている。DNA情報回復システムアップデートは遺伝配列に対する影響範囲が大きく、昨年まで元気だったカラダが突然病弱になるということも起こる。代表的なアップデートとしては「予防注射」や「トラウマ」などがある。直近では2020年春にCOVID‑19予防注射が行われた。

内臓疲労もDNA情報のシステムで回復している

内臓の疲労というと腎臓の他に肝臓や胃腸があるが、基本的には筋肉と同じ回復システムだと思ってかまわない。

腎臓は血液量のシェアが20%もあり、肝臓・胃腸も25%あるものの筋肉と同じ回復システムを使っているので早期回復の対策は変わらないのだ。

内臓疲労の回復システムも筋肉疲労と同じ

実は内臓は筋肉でできている。つまり、基本的には筋肉疲労に効果のある治し方を行っていれば同様の回復システムを使う内臓疲労でも効果が得られるのだ。

注意点としては、内臓疲労と筋肉疲労の回復スピードは完全に一致するわけではない。内臓疲労の場合はライフスタイルの中で毎日避けられないことがあるからだ。

例えば、「副腎疲労」という疲れを回復させようとすると軽度なら6ヶ月〜9ヶ月かかってくる。

実はこの副腎疲労はストレス過剰でストレスを打ち消すホルモンを出しすぎた結果なのだ。

上記のように、ストレス過剰の場合は毎日避けられないことが多いため、筋肉疲労と回復スピードが異なる。

2022年以降の痛みに重要な要素

痛みは時代と共に重要な要素が変わっていく。2000年代はオーバーワークの痛みと言われる肉体労働の全盛期でとにかくどんな手段でも温めれば改善できた。それが2010年代からデスクワークの痛みと言われるようになり、ストレスや運動不足を解消すれば改善できるようになった。

そして、2022年現在、以前のように筋肉を温めさえすれば、ストレス、運動不足さえ解消すればという時代でもなくなった。では、現在の痛みにおいて重要な要素とはなにか。

それは栄養量と行動パターンだ。

栄養量

2021年から2022年にかけて、ダメージ回復が非常に重視しているのが「栄養量」だ。

象徴的なのが2015年アメリカで始まったプロテインブームといわれるものだ。このブームによって、日本のアスリートや美容意識の高い一部の人が購入された。そもそも食事のバランス量を保っていれば、さらにタンパク質量をたっぷり食べたり、プロテインパウダーで摂取量を上乗せしたりする必要はない。しかし、ダイエットで「炭水化物は太る」かわりに「プロテインを食べる」というテレビや雑誌、WEBメディアをみて判断したのだろう。

そして、この流れは加速し2020年日本にやってきたプロテインブームでは     健康・美容領域だけではなく学生アスリートや医療分野にて同様の動きが強くなった。結果、現在の回復システムにおいては炭水化物や糖分ミネラルの栄養量が非常に不足しやすくなっている。

医学的に寝る前やトレーニングの合間にプロテインの摂り過ぎは、内臓(特に腎臓)に負担がかかるだけで、疲労が抜けずに却って調子を崩すなどが目立つ。

行動パターン

筆者の体感にはなるが、2015年頃までは「行動パターン」というのはそれほど考慮されていなかったように思う。しかし、2017年頃から実行している数が多い人ほど年齢を重ねるにつれ健康になってきた。

例えば、単にごろ寝をして過ごすだけでは真の「休養」とはならず、リラックスしたり、自分を見つめたりする時間を1日の中につくること、将来への準備をすることなどが真の休養につながる。しかし、すべての人が実際に行動できるわけではなかった。

また、年齢を重ねるにつれ体力が落ちてきた際、それが普通なことだと理解できれば生活スタイルの改善にも積極的になりやすくストレスも受けにくい。ところが、その老化によっておこる影響を予測できない人は、その問題はストレスになってしまった。

ご紹介したケース以外にも私は似たような行動を何度も経験しており、今後の回復システムでは「外部の環境ではなく、内部の行動パターンが決め手となるのか?」という点が非常に重要な指標になっていると考えられる。

そして、この栄養量・行動パターンについては「健康の定義」という基本方針で世界保健機構(WHO)が同じように伝えていることからも重要性が伝わるはずだ。

参考:世界保健機関(WHO)の健康の定義

 

痛みの治し方

ここからは基本的な痛みの治し方について紹介していく。冒頭でご紹介したように、痛みは以下の4つの解決方法を行うことである。

  • 疲労たまるDNAの認識
  • 疲労ヶ所のエネルギーを満たす良質な栄養習慣の作成
  • 疲労ダメージに血液を適切に運ぶための施術的サポート(内部対策)
  • 良質な実践フィードバックの反復(外部対策)

これらの解決方法を図にまとめると以下のようになる。

DNAの認識

遺伝されるDNA(体質)を認識しよう

痛みを治すにあたり、まず始めに取り組むべきなのがカラダの体質を決めるDNA遺伝を認識することにある。仮に痛みを100%解消しても、誰も理解してくれないDNA遺伝(体質)まで判断できなければ結局習慣化には繋がらないからだ。

誰もが遺伝するであろうDNA体質を調査する

遺伝されるDNA体質を判断するうえで重要なのは誰もが遺伝するであろうDNA体質を想像することだ。

例えば、弊社はゼロから作り直す整体を生業としているので、お客さんはDNAの遺伝体質に悩む方が来られる。DNAの遺伝体質に悩むお客さんは「痛み治療をどうしたらいいのか、痛みとはなんなのか」と悩む方も多い。だからこそ私はそういった方にとって分かりやすく「痛み」を説明するためにこの記事を書いている。

まずはあなたにとっての遺伝体質が何なのか、どんなことを治したいと思っているかを明確にイメージしてみよう。

DNA体質の痛み発生パターンを確認する

あなたの痛みがDNA遺伝でおこるであろうイメージができたら、次はその痛み発生パターンを調べてみよう。痛み発生パターンとはつまり「どういうときにその痛みが発生しているか」という指標だ。

例えば、「空腹時」という発生パターンは低血糖でおこる痛みになる。

この発生パターンを理解することができれば多くの痛みは改善できるだろう。ただ、注意してほしいのは痛み発生パターンがすぐに分かるというのは、多くの場合、栄養バランスが崩れておこるパターンでもある。

痛みは絶対評価で決まるため、DNA遺伝が関わる痛み発生パターンは栄養・行動共に高い水準の習慣化を求められる。特に、実行し始めたばかりのカラダはエネルギー不足で回復しづらいため、いきなりDNA遺伝体質を無視した治し方をするのは得策ではない。

まずは「いつ」「どこで」「何をした後」のような時系列の中から、自分の痛み発生パターンを見つけて攻略していこう。

良質な栄養習慣の作成

エネルギーを最高の状態にしよう

痛みで行われる主な4つの治し方のうち、最も重要なのが良質な栄養習慣の作成だ。ダメージの早期回復の中でも説明したが、回復システムは常に「ダメージ回復させるための良質なエネルギー合成」を行っている。そして、痛みを考えるうえで最も重要度が高いものが「エネルギーを120%回復することのできる良質な栄養習慣の作成」になる。

 

良質な栄養習慣とは

痛みにおいて、最も大切なことは「良質な栄養習慣の作成」だ。

実際、筋肉痛も栄養補給があらゆる対策のなかでも特に大きな痛み改善をもたらす可能性があると言われている。

筋肉アップには休息や栄養補給が不可欠。トレーニングや激しい運動をすると筋繊維が破壊されますが、人間には壊れてしまった組織を修復する力が備わっており、壊された後に再び筋繊維の修復が始まり、回復してきます。

多くの方が、栄養をとるときに「糖質は制限したほうがいいのか」「塩分は控えたほうがいいのか」といった事を気にするが、良質な栄養習慣の作成において考えるべきことはたった1つしかない。「あなたにとってどうか」という軸で、食品を精査していくだけだ。

糖質や塩分というのは「あなたにとってどうか」を追求したうえで「結果として」糖質が多くなったり、塩分が増えたりするだけに過ぎない。

そして、その軸をもっと分かりやすくするために私たちは良質な栄養習慣を以下のように定義している。

良質な栄養習慣とは
エネルギーが120%回復し生活の質を劇的に向上させる栄養習慣

つまり、あなたの表面的なニーズだけでなく深層心理に隠れた潜在的なニーズまで考慮し、あなたの健康の実現に貢献するエネルギーが良質な栄養ということだ。

 

回復システムが重要視する3つの栄養基準

回復システムが良質な栄養習慣かどうかを判断する基準として、指標の一つになるのが糖-ミネラル-ビタミンという3つの栄養基準だ。オリンピックの選手が食べるような食事を毎日続けると好調を維持できると言われており、さらに病気の人は「痛めたカラダを回復」という通常の何倍も必要。つまり、痛みを治すことにおいて非常に重要度が高いということだ。

  • 糖(エネルギー)
  • ミネラル(コントローラー)
  • ビタミン(サポーター)

の3つの基準を指している。

実は、糖-ミネラル-ビタミンが重要としながらも、何をすれば糖-ミネラル-ビタミンのそろった商品を見つけられるか具体的に定義されているわけではない。そのため、人によって多少解釈に差が生まれてしまうが、筆者は以下のように認識している。

・玄人が満足できる知識量と奥深さを両立したうえで、筋肉反射テストをクリアしている高品質なオーガニックであること(エネルギー)

・人工甘味料、アミノ酸等、保存料・発色剤の記載されている商品が特定の領域において信頼できる様々な有識者(栄養士も含む)から評価・言及され続けていること(コントローラー)

・その製品が責任を持って運営されており、しっかりと体内で溶けて問題ないという信頼性があること(サポーター)

つまり、回復システムは「正常にカラダを治すために、一番詳しくて有名な人(有識者)がオススメするレベルの高品質オーガニックを必要とし(エネルギー)、体内で吸収しやすいように作成されているもの」を求めているのだ。

とはいえ、全ての食材を厳選するなんてことはあり得ないし、全てのオーガニックが玄人が満足できるほどエネルギーが高く、信頼できる製品なわけでもない。ただ、現在の回復システムで痛みを治すためにはこの基準に近づけるだけの努力が必要なのだ。

痛み内部対策

最高に動きやすいカラダ構造を実現しよう

痛み内部対策とは体の外側から見ても、体の内側から見ても動きやすいカラダを作ることだ。もっと詳しく言うと、カラダの血流を健全化して栄養を運びやすいようにすることと、それぞれの根本原因を適切に分析して治していくことにある。

施術的サポートの重要性

特に骨・筋肉・内臓・脳を施術、治癒するシステムはあくまで人間本来備えているので、具体的な説明と変化を感じながら、栄養・習慣化してもらうための施術的サポートが重要になる。

具体的には以下のような項目だ。

  • 約260個ある関節全てのバランス調整
  • 筋肉のキズやレセプターの調整
  • 血液やリンパの流れの調整
  • 細胞浸透圧とターンオーバー促進
  • 内臓の位置調整
  • 免疫ホルモンの活性化
  • 脳脊髄液の安定
  • メンタル自律神経の調整

聞いたことがない専門用語が多く、初めて見た人は心が折れそうと思うかもしれないが心配はいらない。ほとんどの項目は人体生理学などの知識量と奥深さを両立していれば比較的簡単に施術サポートができる。弊社でもアクティブ治療という全方位アプローチを提供しているが、アクティブ治療を受けて頂ければ上記の項目はサポートとして簡単に調整が可能だ。

不安な場合は信頼できる整体院に依頼しよう

弊社で提供しているアクティブ治療という全方位アプローチを受ければ比較的簡単に調整が可能だが、それでも不安な場合は信頼できる整体院に依頼するといいだろう。

ただ、整体院によってはこうした人体生理学に則した推奨施術を考慮できていないケースも多々ある。弊社にも「健康になるために病院に通っていても改善しない」という方が相談にくるが、中身を聞いてみるとこうした痛み内部対策が全くできていないケースに何度も遭遇した。

当サイトでは人体生理学の専門用語に不慣れな方にも最低限の痛み内部対策ができるように、各種症状別にして対応しているのでぜひ参考にしてほしい。

腰痛 2ギックリ腰 3椎間板ヘルニア 4脊柱管狭窄症 5梨状筋症候群 6坐骨神経痛 7頚椎症 8肩こり 9頭痛 10顎関節症 1140肩 12むち打ち 13野球肩・肘 14テニス肘・ゴルフ肘 15腰椎分離症・すべり症 16スプラングバック(尻もち) 17膝痛 18が足炎 19モートン病 20足首捻挫 21鼠蹊部痛 22股関節痛 23ちょうけい靭帯炎 24肉離れ 25オスグッド 26ジャンパー膝 27半月板損傷 28進スプリント 29足底筋膜炎 30背中痛 31バネ指 32アキレス腱炎 33踵の痛み 34突き指 35手首の痛み

36パニック障害 37産後うつ 38ストレス 39喉のつまり 40不眠症 41自律神経失調症 42不安神経症 43息苦しい 44吐き気 45胸の圧迫感 46だるい 47体調が悪い

48ふらつき 49めまい 50メニエール病 51肋間神経痛 52逆流性食道炎 53胃痛 54胃腸障害 55便秘 56下痢 57むずむず脚症候群 58冷え症 59むくみ 60顔面神経麻痺 61副腎疲労 62動悸 63腹膜炎 64盲腸 65糖尿病

66アトピー 67蕁麻疹 68花粉症 69喘息 70肌荒れ 71リウマチ 72エリテマトーデス 73甲状腺炎 74血管炎 75呑気症

76更年期障害 77起立性調節障害 78生理痛 79生理不順 80不妊症 81恥骨痛 82つわり症状 83逆子 84腱鞘炎 85尾てい骨痛 86PMS 87子宮筋腫内膜症 88貧血 89低血糖

痛み外部対策

自分の体質に合った習慣を手に入れよう

痛み外部対策とは、端的にいえば外部からのダメージを減らすための治し方だ。一般的には「実践フィードバック」と言われる。「実践フィードバック」というのは外のストレスからあなたのカラダを「フィードバック反復」で修正していくことだ。

現在の疲労ダメージにおいて、実践フィードバックの重要性は非常に高い。回復システムが良質な栄養習慣を判断する基準として、糖-ミネラル-ビタミンが重要になると説明したが回復システムは「疲労ダメージを回復するため」に働いている。

例えるなら車の運転に近い。ガソリンを使うからガソリンを補給しなければならないということになる。その際、ガソリンを消費しないようにアクセルの急発進や暖房使用温度などから気を付けることになる。

痛みの外部対策の考え方は正にガソリンの消費に近く、生活リズム、行動パターン、通気換気という外部環境によって糖-ミネラル-ビタミンが重要になりやすく、自分のDNA体質という影響を受けやすいのだ。

外部対策は良質なフィードバックを実行するための治し方

具体的な外部対策としては

  • 良質な7大栄養習慣の作成
  • 場所の活用
  • 空調の活用
  • 人間関係

といったストレスダメージの存在を肉体ダメージ以外で知ってもらい治し方が必要になる。筆者の所感としては都市伝説に近い。自身が運営する整体院での実践フィードバックを行うことで、痛みの治りが早くなり、疲労ダメージから痛みへ悪化することを防げるようになるのだ。

特に生活習慣は無料で改善できて、かつ効果的な方法といえる。痛み外部対策は既に痛みコントロールと疲労対策が完璧に施されている場合に、驚くべき効果を発揮するので以下の記事を参考に積極的に取り組んでほしい。

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次