メニュー
施術料金と治る仕組み・アクセスを知りたい→Click!

妊娠中・マタニティ整体をお探しの妊婦さんへ

妊娠中の腰痛について詳しく解説しています。

妊娠前には、腰痛が気にならなかった女性でも、妊娠してから腰痛に悩むようになる人はいます。

妊娠中は、骨盤内で赤ちゃんを育てますので、骨盤の位置が大きく変化します。また妊娠・出産に対する不安な緊張などが重なることもあり、自律神経やホルモンのバランスが変化します。

体内(内側)の大きな変化により、いろいろな症状が出ることがあります。腰痛はもちろん、ぎっくり腰や股関節痛も発症しやすい症状の1つと言えます。

目次

妊婦さんに対しては、特別な施術が必要

妊婦さんはお腹が大きくなります。

骨盤が前に回転し(前傾)、腰の骨に負担がかかり、腰痛を起こしやすくなるのです。腰痛以外にも、股関節痛・ぎっくり腰で来院される妊婦さんもいらっしゃいます。

しかし、一般的には妊娠中ということで、整体院やマッサージ・サロンでは「妊婦さんお断り」というところも多いようです。

妊婦さんに対しては、特別な施術が必要です。
母体にも赤ちゃんにも一切負担が掛からないように、デリケートに繊細に筋肉や骨盤を調整する技術が必要なのです。

妊婦さんの腰痛とホルモンの影響

妊婦さんの腰痛の原因は、必ずしも骨格的な原因だけではありません。妊娠をすると分泌されるホルモンの影響があります。

ホルモン分泌は妊娠の初期から盛んになります。

赤ちゃんが生まれる時に狭い産道を通らなくては行けないため、開いておく必要があるからです。骨盤周りの靭帯をゆるませる「リラキシン」というホルモン分泌がおおくなります。

骨盤の関節がゆるむことで腰痛がおこりやすくなります。関節の動きがいつもより大きくなり、腰への影響が増えているのです。

妊娠中のつわり

妊娠するとホルモン関係が乱れます。
とくに、左腎臓と膵臓。
胃が気持ち悪くなったりするのは、実は左腎臓と膵臓の働きが乱れている可能性があるのです。

そのせいで、内臓が下がって骨盤を押し広げてしまう。
だから妊娠中は腰痛になりやすいんです。

こういう時は、ベルトを巻いて骨盤が広がらないようにしましょう。
ベルトをするのは動きを制限するので敬遠する妊婦さんも多いですが体の為。

さらに、つわり

つわりが出ると胃が気持ち悪くなったり、一日中、横になって動くことすらダメみたいな。人によっては腰痛よりも気になる症状かもしれません。

つわりの多くは、首の骨がズレると増大します。
骨盤の上に背骨がのっかって、背骨の上に首の骨がのっているからです。

首から横隔膜の神経が出ていて、呼吸がしずらくなるのも骨がズレるせい。

要するに、土台の骨盤がゆがんでズレると屋上の首まで悪くなって「つわり」が出てしまうってこと。
以下、良い状態への帰路

1、腎臓や膵臓のケア
2、骨盤を正しく整える
3、首の骨を整える

あとは、日常生活の負担や悪い癖があるので、妊娠中の良い習慣を身につけること。(今までの習慣では体がついてこない為)

なかなか習慣を変えることができない方は、
定期的に週1回、2週間に1回、1ヶ月に1回と状態に合わせてケアすることで元気に出産まで進みますよ!

妊娠中のぎっくり腰

産婦人科のお医者さんから、「もっと歩くように」「適度に運動するように」などの指導を受けて、運動し過ぎてしまったり、身体に負担がかかる動作をしてしまって、ぎっくり腰になったりする例もあります。

どんなにつらいぎっくり腰でも最初は安静にして、関節をアイシング(冷やす)して、適切な調整をすれば、数日の間に回復するものです。

痛みを少しでも感じる場合、無理に動かしたりすると悪化しますから注意が必要です。

妊婦さんへの整体施術

太子堂では、基本的に、妊婦さんの整体は施術OKです。あおむけ、横向き、座ったまま、立ったままなど、妊婦さんが楽な体勢で整体を行ないます。

骨格的にも生理的にもバランスの取れた状態であれば、腰痛もなく快適に妊娠期間中を過ごすことが出来ます。

もちろん出産も比較的にスムーズにすることができ、産後の体調回復も早いのです。

妊娠前、妊娠中、出産後と、太子堂をご利用していただいてる女性もいらっしゃいます。

妊娠中の腰痛でお悩みの方は、妊娠期間中を元気に過ごすためにも整体をうけてみてくださいね。

もし不安な点などございましたらお気軽にメールにてご相談ください。

役に立ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる