メニュー
施術料金と治る仕組み・アクセスを知りたい→Click!

歩いていると腰がしびれる脊柱管狭窄性腰痛

加齢によるものが多いです。
骨の変形や靭帯の骨化によっておこるタイプです。若いころに激しいスポーツや重労働で腰に負担をかけた人、車を長い時間運転する人などは要注意といわれています。

40代以上に起こりやすいです。最近、高齢者に多くなってきました。

つまり、【A】代謝が悪くて加齢が進んでしまうのが原因で、【B】骨の変形や骨化がおこる反応、【C】脊柱管がせまくなり腰がしびれる結果です。

目次

基本症状

昔、スポーツをしていた人に多いです。
いきなり運動をやめたとか、いきなり重労働から解放されたとか、昔と今の日常生活のギャップが大きいほど加齢の影響が大きくでます。今の生活が悪いのではなく、筋肉を使わなくなって代謝が落ちたのが加齢スピードを早めます。

原因=代謝が急に落ちた
反応=硬くなって変形する
結果=脊柱管が狭くなる

腰付近の筋肉疲労や筋膜緊張が腰痛を起こしているようにみえますが、それは腰痛という症状が出ている結果のなので、腰ばかり治療しても腰痛は良くなりません。

狭窄タイプの腰痛専門治療

太子堂の腰痛専門治療では、骨盤矯正や腰のマッサージなどで、腰の凝り固まってしまった筋肉をほぐすだけでなく、内臓や神経などの調整を組み合わせた内容となっています。代謝循環をアップさせる当院の整体は、狭窄タイプの腰痛に大変適した治療だと言えます。

太子堂に行って代謝循環をアップさせたい方はこちら

役に立ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる