内臓整体に期待できる代表的な効果とは?血行改善や内臓機能の活性化について

内臓整体は筋肉や内臓にアプローチする施術方法のことで、マッサージに似ていたりいわゆるツボを押すイメージがあります。

主に期待できるのは内臓バランスの活性化による血行改善と、疲労の解消といった効果です。内臓が血行改善することで、カラダの歪みと筋肉のコリも修正されて全身のバランスが良くなりますから、それによる相乗効果にも期待が持てます。

目次

内臓整体の効果とは?

効果があらわれている場合に実感できるのは、手足の指を始めとした全身のあたたかさ、肩や首が楽になること、そして重く感じられていた腰が軽くスッキリするなどです。疲労が蓄積している人は回復が早まり、ふくらはぎなどがむくんでいた人は脚もスッキリするはずです。これらはいずれも内臓整体の作用によって、血行改善や身体の働きが改善した証拠です。

内臓整体で免疫力もアップ

内臓整体には内臓に対するアプローチの他にも、免疫力アップという考え方があります。人はストレスを感じると筋肉だけでなく内臓も硬くなり、免疫力が低下したり気持ちの沈み込みなど、精神面にも影響が出始めます。偏った食事も内臓が硬くなる原因の1つなので、ストレスやストレスによる偏食、暴飲暴食に心当たりがないか確認することが大切です。

ストレスによる内臓への影響は、緊張によって腹痛が生じたり、お腹が下ることからも分かります。食事からの影響は、冷たいものばかりを摂取することで消化が悪くなったり、咀嚼が不十分で便秘がちになるなどです。このように、生活習慣が内臓を硬くすることになりますし、放置すると気がつかないうちに他の部分にも影響があらわれ始めます。

こんな症状の方におすすめです

硬くなった内臓に対するアプローチは、身体と共に精神的にも楽になったり、眠りにつきやすく睡眠が深くなるといった効果に結びつきます。勿論、変化の実感には個人差がありますし、内臓機能の低下以外にも原因がある場合はこの限りではないです。

筋肉のコリや関節の痛み、精神的な不安やアレルギー症状の増強など、内臓と関連している症状はいくつも存在します。緊張で筋肉がこわばると本来のポテンシャルが発揮できないのと同じで、内臓も硬くなると内臓機能が低下することになります。血行不良も起こりますし、免疫力が落ちて風邪を引きやすくなったり、回復が遅いといったことになり得ます。

内臓機能を改善する施術のアプローチは、内臓をほぐして活性化を促しますから、身体本来の働きが蘇ります。肩をマッサージしてもすぐに元に戻る、原因不明の不調が続いているといった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

内臓について、
様々なことをサポートいたします。

めまい・ふらつき >

脳脊髄液、くも膜、軟膜、硬膜などの健全化、リンパや血行改善でできることをお手伝いします。太子堂の生活習慣ルールを作成しバージョン管理を行うことによりCRPを減少させ、確実に改善に導きます。

呼吸 >

睡眠環境、栄養状態、肺の動きなど分野を問わず問題改善に向けたサイクルを提案します。

動悸・息切れ >

どのような栄養が不足しているか自律神経や肺の動きを整えながら問題改善に向けたサイクルを提案します。

胃のムカムカ・消化不良 >

胃が悪いのか、膵臓や大動脈・静脈によるムカムカや消化不良なのかを判断しながら問題改善に取り組みます。

トイレが近い・残尿 >

どのような栄養が不足しているか、膵臓や腎臓や十二指腸の働きをみながら改善に取り組みます。

アレルギー自己免疫疾患 >

脾臓の働きはもちろん、どのようなストレスを感じているか、無意識にかかっているストレスを探りながら改善に取り組みます。

更年期症状 >

ストレスはもちろん、どの内臓が弱っているかを判断しながら腸内環境を改善し、脳神経とのバランス修正に取り組みます。

生理痛・PMS >

本来、生理時の痛みはないものです。どこで血行不良が起こって体調を崩しているのかを判断しながら改善に取り組みます。

 

肩こり腰痛を治したいけど、人間本来の腸内環境や免疫力も取り戻したい人はスタンダードがおすすめ

ストレスと内臓の病気を本質から改善して心と体を正常に戻していく最上級のアクティブ

 

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次