肩こりになりやすい方の原因や特徴と症状のチェックポイント

肩こりになると肩に痛みを感じるようになり、悪化すると日常生活に支障を来たすことがあります。

例えばスポーツでボールを投げるなどの動作がやりにくくなるのはもちろんのこと、高い場所にある物に手を伸ばしにくくなったり、顔を洗うのさえ辛くなることがあります。さらに進行すると服の着替えが難しくなったり、寝返りを打つだけで肩に痛みを感じます。

目次

肩こりの原因とは?

そんな肩こりの原因は、主に肩の筋肉や組織に炎症が発症することで起こります。
肩には様々な筋肉や骨、靭帯などの複雑な組織で構成されており、ひとつひとつが連動して動きます。その中のたったひとつでも炎症を起こしてしまうと不安定になり、肩の動きに異常が発生することがあります。

炎症が起きてしまう2つの原因

上腕骨と肩甲骨が健全な時はスムーズに腕を動かせますが、それらに炎症(異常)があると2つの骨がぶつかり痛みを感じます。

  1. 心因性
  2. 可動域減少

肩が上がらなくなる時には痛みを感じて動きが止まる心因性の場合と、可動域が小さくなって物理的に動かなくなる場合もあります。また、背中に手を回したり、後ろに引いたり、回転させる動きも柔軟性が失われることでやりづらくなります。

やがて腱や筋肉が緊張状態になると、肩を動かすたびに音がなることもあります。

肩こりになりやすい人の特徴

そんな肩こりになりやすい人の特徴は、最も多いのが姿勢の悪いケースで、猫背やストレートネックになると背骨が歪んで肩の動きが悪くなります。特にパソコンの画面などを眺めることが多い現代人に増えており、常に意識して姿勢を良くしておきたいところです。

つづいて多いのが元々肩の関節が硬い方で、無理な動作をすることで筋肉や腱を傷めて炎症が起こり、肩こりの原因になることがあります。この場合は日頃から決して無理をせず、肩を気遣いながら動作させることを心がけます。

見落としてしまいがちなのが水分を取らないケースで、水分不足による脱水症状になると関節の可動域が狭くなり、肩の筋肉を傷めて肩こりになることがあります。小まめな水分補給が大切で、喉が渇いたと感じる前に摂取するのがおすすめです。

肩こりのチェックポイント

肩を傷めやすい方のチェックポイントは、肩を回転させて手のひらを上に向ける動作を行い確認します。ここでしっかりと手のひらを上に向けられなかった場合は肩の可動域が狭く、日頃からの予防が必要です。

つづいて肩を内側に捻ってから上に上げて、関節が健全であれば楽に上がり、何らかの症状があれば最大までに上がらなかったり痛みを感じることがあります。

これらのチェックポイントで問題が合った場合には、早めに専門機関に相談するのがおすすめです。

 

肩こりの他について、
様々なことをサポートいたします。

頭痛 >

短い期間でスケジュールを組み、リスクや問題点を短いサイクルで検知、改善しながらライフスタイルを提案します。

頭重感 >

どのような栄養が不足しているか頭蓋骨や首のリンパを整えながら短いサイクルで改善に導きます。

不眠 >

睡眠環境、栄養状態、頭蓋骨リンパなど分野を問わず問題改善に向けたサイクルを提案します。

めまい >

脳脊髄液、くも膜、軟膜、硬膜などの健全化、頭蓋骨リンパでできることをお手伝いします。

顔面神経痛 >

どのようなストレスを抱えているかお話を伺いながら、脳神経にアプローチして伝達を改善していきます。

脳脊髄液減少症 >

太子堂の生活習慣ルールを作成しバージョン管理を行うことによりCRPを減少させ、確実に改善に導きます。

 

速効性のある治療効果で学生を健康的に成長サポート

肩こりを改善しながら人間本来の腸内環境や免疫力を取り戻したい人はスタンダードがおすすめ

ストレスと肉体を本質から改善して心と体を正常に戻していく最上級のアクティブ

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次