なぜ体は悪くなるのかを分析

「体はなぜ悪くなるのか?」というお話をします。

太子堂は開業して9年がたち、これまで多くの患者さんからご相談を受けてきました。スポーツのケガ、肩こりや腰痛、体の不調など幅広いです。

それを片っ端からサポートしていくために研究し続け、なぜ体が悪くなるのかについてまとめました。

 

姿勢改善、筋トレ、ヨガ、ストレッチなど、あらゆるセルフケアを実践しても良くならないときは、「そもそも何で体は悪くなるのか?」という考え方を学ぶことが必要です。

今回は、そもそも何で体は悪くなるのか?という根本部分をお伝えしていこうと思います。

 

体が悪くなる2つのパターンについて

一般的に体が悪くなるパターンは2つしかありません。

  1. 急に具合が悪くなる急性症状
  2. ノロノロと具合が悪くなる慢性症状

です。

まず、お体に起こる不調のパターンを説明させていただきます。

1.急性症状

急に具合が悪くなるモノを「急性(きゅうせい)」と呼び、原因が明確なモノが多いです。

例えば、重たい荷物を持ち上げようとして腰を痛めたりです。

急性症状は、腫れたり赤くなったりズキズキした痛みがおこる特徴があります。これを炎症と呼び、痛くなってから24時間〜72時間経てば弱まってくることが多いです。

足首捻挫や肉離れ、ぎっくり腰や寝違えなどの症状がこれに当てはまります。

 

2.慢性症状

ノロノロと具合が悪くなるモノを「慢性(まんせい)」と呼び、原因が不明瞭なモノが多いです。

例えば、どこが痛いか分からないけどツラい症状です。

慢性症状は、疲労の蓄積や血流低下によって起こるモノが多く、ノロノロと変化が認識できないスピードで悪化していく特徴があります。たまたま病院で検査すると、何かしらの異常数値で見つかることが多いです。

 

急性症状の代表:筋肉や骨格の問題

急に具合が悪くなったとき、一番問題が多いのは筋肉や骨格です。オーバーワーク(高負荷)によって筋肉や骨を傷めて炎症がおこります。

  • 筋肉の肉離れによる炎症
  • 筋膜の痛みによる炎症
  • スジの炎症
  • 関節の炎症
  • 脱水による炎症

など、スポーツや筋肉トレーニングによってケガしてしまう症状が多くなります。草むしりや荷物運びで傷めるケースも多いです。

しかし、筋肉や骨格を痛めてしまうと炎症がおこり、生活に著しく支障をきたすのでスグに分かります。

立つ、歩く、座る、食べるなどの日常動作に異変が起こったら急性症状のサインです。すぐに病院または掛かり付けの専門家にご相談をオススメします。

なぜなら、痛いかどうかは当人の性格や精神力、過去の体験によって感じ方が違うので判断材料にならないからです。健康の価値観も人によって違うので、自分の感覚でしっかり意識してみましょう。

急性症状(立つ、歩く、座る、食べるなどの異変)を無視して生活をしていると、次の慢性症状へと成長します。

 

慢性症状の代表:内臓や代謝の問題

炎症をそのままにするとノロノロと具合が悪くなり、内臓や代謝異常へと成長します。これは急性症状のサインを無視した結果、以下の機能障害を引き起こしてしまうからです。

  • 肝臓の解毒作用
  • 腎臓の水分調節
  • 胃腸の栄養吸収
  • 心肺の気血循環
  • 脳の生命維持機能

などに影響を及ぼします。

最近は、食生活や環境、医原病(医師による投薬や注射や手術が原因でおこる病気)によって起こるケースも増えています。

しかし、

基本は、急性症状のサイン(立つ、歩く、座る、食べるなどの異変)から上記に書き示した内臓や代謝異常などの慢性症状に成長していることをお忘れなく。

 

詳細は以下からご説明しますね。

なぜ体は悪くなるのか?

実は、すべての問題は「炎症の積み重ね」から起こっているんです。

異変の積み重ね‥‥

炎症によってミオグロビンが発生し、次第に異変が起こっていくというのが体が悪くなる多くの問題の本質となります。

  • 打撲・むち打ち
  • 筋細胞の破壊
  • 四肢の圧迫
  • 薬の副作用
  • 栄養不足

など、炎症の発生理由はたくさんあります。

例えば、外からの衝撃(ぶつけたり)によって筋肉の組織がつぶれると炎症がおこりミオグロビンが発生します。ミオグロビンとは、ぶつけたところの青タンの後にできる黄色い物質のことだと思ってください。

医学的にはクラッシュ症候群という。

例えば、足の圧迫(衣類の締め付けなど含む)でミオグロビンが発生し、筋肉が解放されたとき血管につまったり内臓に蓄積したりします。

ミオグロビン≒黄色い物質≒毒性強い。

例えば、薬の副作用で筋肉が溶けてしまう、糖質が不足すると筋肉が壊されて細くなってしまう、水分不足で脳細胞が破壊されてしまう、などでミオグロビンが悪さをします。

マスクなどで体内酸素量が減少するとミオグロビンの毒性が発揮されてしまうことも覚えておこう。

上記のように、最初は何ともない異変だったことが、気づかないうちに炎症が積み重なり、体が悪くなるのです。

 

体の原理原則に間違いはない

人間の体は、常に生活の中でストレスを受けても自然に治そうとしています。また、その原理原則に間違いはありません。

これ以上書くと混乱する方もいるため詳細は割愛させていただきますが、ミオグロビンの後にはアルブミン、グロブリン、生命力の問題など課題は山積みです。

体の不調を治すという点から考えると、知っておきたい重要な考え方になるけど、操作が難しいので「原因不明」として片付けるのが通説です。

 

もし、あらゆるケアを100%実践しても治らないなら「原因不明」として、霊的な世界の原理原則で物事を考えることができます。

これは、

見えないところで辻褄が合っている

かもしれないという意味です。

 

霊的な‥‥と聞けば、白い服を着た貞子さんのような幽霊の怖いイメージをする人もいますが違います。

  • 地下水脈
  • 神社や祠
  • 古井戸や神木
  • 人の怨み嫉み

など、たわいも無いきっかけで脳の炎症が引き起こされる現象を指します。その脳の炎症によってミオグロビンが発生して体が悪くなっていくのです。

もし、間違った対処をすると病気の進行を早めてしまい、寿命がとても短くなります。周りの人を巻き込みながら不幸になっていくのが特徴ですが当の本人は聞く耳すら持ちません。

なぜなら、霊的な現象(脳の炎症)によって、都市伝説や人の意見を間違って解釈する傾向になり、すべてに意味を持たせて自分に都合よく正当化しようとする傾向が強くなるからです。これはプライドの高い性格をもとに発生する現象と言っても良いかもしれません。

 

とても操作が難しいミオグロビン・グロブリン・アルブミン問題で原因不明の病気にならないためには、地下水脈・神社や祠・古井戸や神木・人の怨み嫉みを避けることが健康維持のポイントです。

すべては見えないところで辻褄が合っているのですから‥‥。

次は、上記のように見えないところで辻褄が合っていく前に必要なことをお知らせします。

 

体の不調を起こさないために必要なことは?

では、炎症の積み重ねが原因で体の不調を引き起こさないために、必要なことは何でしょうか?

それは、小さな問題が大きな問題になる前に解決してしまおうです。

なぜなら、何ごとも小さな問題のうちに改善しておけば炎症が長引かないからです。

ポイントとしては、

  • 疲れが激しい部分の負担を減らして疲れを減らす
  • 回復力が落ちているなら回復力を上げるような栄養習慣へ
  • 思考の癖から発生する誤解・錯覚を解消していく

すると健康改善されていきます。

痛みや不調が強く出てしまった時の来院よりも早く改善し、その後のケアも簡単で済むからです。

 

一方、長年かけて蓄積してしまったものほど、実は改善しにくく症状も重いと言えます。

普段から自分の体の違和感と向き合い、メンテナンスをしていくことが将来の健康につながり、大きな不調を引き起こさないための一番大事なことだと考えます。

今のご自身の体の状態を知りたいという方からのご相談も受け付けております。もしお悩みでしたら、是非一度太子堂までご相談ください。

太子堂が初めての方はこちらをお読みください

最新記事

  1. 脊柱管狭窄症の症状と原因 足のしびれを治すなら、数あるなか…
  2. 腰椎椎間板ヘルニアの症状と原因 整形外科や整骨院で腰椎椎間…
  3. 坐骨神経痛(梨状筋症候群)の症状と原因 腰痛で多くの時間を…
  4. まだ誤解されがちな「ぎっくり腰」その症状と本当の原因とは …
  5. 初心者でも簡単に分かる腰痛症状チェック 腰痛は体を…