ストレスでおこる精神性の腰痛

価値観の変化は、人それぞれストレス性の腰痛をおこします。
精神的な緊張がとれず、腰と言わず全身の筋肉が固まってしまっている方のことです。この場合、特に力が入りやすい利き手方に症状が表れやすいです。

緊張しやすい・イライラしやすい・苦手な人が近くにいる事が多い・怒られることが多い方に多いです。

つまり、【A】価値観の違い(糖不足)という原因があって、【B】ストレス緊張という反応を起こして、【C】腰痛という症状が出ているのです。

基礎症状

職場や学校でも起こります。
人それぞれ考えている事が違う、体質の違いによって敏感になってしまうのです。糖分を多く摂取できている人はストレスに強い(鈍感ともいう)ので、体内の糖分が減っているとついイライラ・細かくなってしまい、腰に痛みが出ているのです。

原因=価値観の違い(糖不足)
反応=ストレス・緊張
結果=腰痛(腰付近が硬くなる)

腰付近の筋肉疲労や筋膜緊張が腰痛を起こしているようにみえますが、それは腰痛という症状が出ている結果のなので、腰ばかり治療しても腰痛は良くなりません。

ストレス精神タイプの腰痛専門治療

太子堂の腰痛専門治療では、骨盤矯正や腰のマッサージなどで、腰の凝り固まってしまった筋肉をほぐすだけでなく、内臓や神経などの調整を組み合わせた内容となっています。心と体にやさしい当院の整体は、ストレス精神タイプの腰痛に大変適した治療だと言えます。

太子堂に行ってストレス精神タイプの腰痛専門治療を受けたい方はこちら