地鎮祭するべき?

地鎮祭は、その土地にいる土地神に対する挨拶です。

Wikipediaには、「土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る」と書いてあります。

一般的に、地鎮祭を行うのが普通です。
どこの神主さんに頼んでも別に構いません。

このページには地鎮祭をしないデメリットを書いておきます。

地鎮祭をしない影響は?

①いざと言うときに、運に見放されます。その土地神に挨拶することなく利用する行為にあたるので、運が味方してくれません。例えば、タイミングが悪くなったり、話が噛み合わなくなってきます。

②家族が疫病神化することがあります。本人は良いですが、その家族がトラブルの原因を作ります。例えば、日々のストレスとなり病に冒されたりすることが増えていきます。

③関わる人が疫病神化することもあります。嘘をついたり、誤魔化したりする人が周りによってきます。最悪は、お金を着服して逃げたりするようになるでしょう。

健康とは直接関係ありませんが、大事なことなので習ったことを表記しておきました。