水脈の影響とは?

水脈とは、地層の中に流れている自然地下水の道です。これを認識することで、不幸を遠ざけることができます。

水脈には、蚊よりも小さな虫がたくさん飛んできます。昼と夜が交差する夕方頃に、どこからともなく虫が出現するのが特徴です。水脈のあるところは湿度(水分量)が高く、藻や植物が生えやすいので卵を産むのに適しているからです。

つまり、地上(水脈の流れている場所)は自然の力が強いのです。自然の力が強いところに建物や道を作ってしまうと自然を押し殺してしまうので、忘れたころに自然が復活しようと災いを与えます。※これを祟りと呼ぶ

水脈が作りだす不調とは?

水脈に存在する自然は成長(ここでは復活)しようとしています。つまり、水脈は常に生命誕生を繰り返しているから自然の力が強いのです。

生命誕生には細菌や酵素などが関わってます。科学の進歩とともに自然現象も解明され、糖を吸収しながら増加していくのが特徴です。例えば、乳酸菌飲料は甘いですよね。

もし、水脈の上に人が住んだらどうなるでしょう? A.体内の糖が搾取(エサに)されて、低血糖状態となる。

初期症状は以下の通りです。
汗をかく・不安な気持ち・脈が速くなる・手や指が震える・顔色が青白い・頭痛・目のかすみ・集中力の低下・生あくび・異常な行動・無気力・動悸・紅潮など。

A.家族が疫病神化することがあります。いざと言うときに、運に見放されます。関わる人が疫病神化することもあります。

特徴キザシは以下の通りです。
寝つきが悪くなる・夜中に目を覚ます・目の疲れが取れない・寝ても体の疲れが取れない・朝起きれない・忘れやすい

水脈の影響を受けないためには?

水脈を避けることが理想になります。水脈を調べることは難しいので、逆説論で対応していく方法がオススメです。

もし、○○○なら今は水脈の上だろう。だから▲▲▲に変えたら復調するはずである。まずは○○○を調べてみよう。当てはまったので▲▲▲に変えよう。

○家の敷地に井戸があった
→▲井戸を開ける
○室内が陰気である
→▲常に通気する
○家を引っ越してから不調
→▲寝る場所を変える
○家の壁が腐敗しやすい
→▲腐敗のない所で寝る
○寝つきが悪い
→▲寝る場所を変える

水脈が不調を作るのです。

水脈が不調を作ると言っても過言ではありません。その場合は、上質な糖(ハチミツ)を多くとりましょう。

すべての始まりは低血糖なので、上質なハチミツをとることで栄養補給できます。そして、ミネラルの多く入った海塩をとりましょう。

つまり、①水脈からの影響を減らす②すり減った栄養を補給する。この2つを徹底的に行うことで多くの不調は復調します。