免疫力を上げるには?

右脳思考とは?

なぜ失敗したのかを前後の状況から分析し、全体から見る方法です。そして、起きてしまったことは仕方ないと、単なる思い出として捉える思考方法になります。

元気な人に会う?

自分の中にある邪気を健康な人の元気と交換し、人から貰う方法です。これは自分でエネルギーを作れないのだから仕方ないと、元気が余っている人との交換方法になります。

糖をとる?

糖をとるとは、ストレス耐性力を上げるための方法になります。これは最後に行う方法になります。

気にしない

失敗をプラスの方向で考え、強い精神力で乗り越えていくと脳もそれに適応し、徐々に失敗を減らせるようになっていきます。右脳で考えれないときのポイントは、気にしない事です。

できる人に頼む

「なぜ、あんなことになってしまったのだろう」という感情が伴ってしまうと、忘れにくい記憶として海馬に記憶されてしまいます。余裕ができるまでは、プロに考えてもらいましょう。

一緒に訓練しよう

失敗のアドバイスを何度もこなしていくと、脳もそれに適応し、徐々に失敗を減らせるようになっていきます。これを訓練と呼びます。

一緒にいて疲れる

判断基準がむずかしいので結果で確認する方法です。疲れる場合は、元気が抜かれていると判断します。これも自然の摂理なので致し方ないでしょう。

考え方のかたより

なぜ失敗したのかを前後の状況から分析し、全体から見ているのかを見極めます。そして、スピリチュアルとサイエンスの両面から捉える両極端だと尚更良いです。

品がある

体調は動きや言葉にあらわれ、から元気を見極める方法です。食べ方ひとつにしても体調があらわれます。

ハチミツをとろう

迅速に免疫力をあげるため、効率よく栄養をとる方法です。どれだけ糖をとっても元気にならない場合、邪気にとられている可能性があります。さらに、邪気が増幅するので体調が悪化るので注意です。

飽和脂肪酸をとろう

不飽和脂肪酸という糖の吸収を阻害するものがあります。避けたいのは米肉・野菜(農薬入)・豆腐・豆乳・大豆・植物油脂などに糖の阻害要素がおおく含まれるので避けたいところ。基本は国牛・バター・ココナッツオイル・季節の野菜などが理想。

邪気をさけよう

どれだけ健康的な食生活を送っても、すべての栄養を邪気にとられてしまうのです。邪気を避けるだけで、必要な栄養量の節約ができます。つまり、邪気があるほど大量の食事が欲しくなり、邪気が少ないと少量で済みます。

冷静に分析

免疫力を上げるには、ストレスをどのように回避するのか、必要栄養をどのように摂取するのか、浪費を抑えるかの3つです。やみくもに努力しても効果は得られません。

フェイク情報に注意

フェイク情報はどこにでも流れています。同じことを繰り返しても、同じ結果しか出ないなら別の方法を選んでみましょう。一度疑って見ることをオススメします。

触らぬ神に祟りなし

人とのエネルギー交換は必ず起こります。だとしたら厄病神(人)との接触をさけて、元気な人との生活を望んでみてはいかがでしょうか。