不眠や食事の影響を受けやすい体質

睡眠不足や食事に偏りのある方は、日々の小さな積み重ねによって体調が崩れやすいです。心配事の多い方はエネルギーの大量消費によって体調が崩れやすいです。また、生活のパターンが規則正しすぎても起こります。

今まで通りなのに体調が崩れるのはなぜ?

基本的に、体力に関しては20代でピークを迎えます。約25歳をピークに、記憶力や知覚、空間認識や計算能力は加齢とともにゆっくり衰え、燃費が悪くなります。それまで育んできた脂肪エネルギーを使い込む生活に変わるのです。35歳を過ぎたあたりで底をつき、無理が利かなくなります。しかし、計画的な生活が問題を解決してくれます。

忙しさや欲望に負けて睡眠を疎かにしていると左側に痛みが出やすく、疲れを紛らわすために甘いものや大食を好むと体の右側に痛みが出やすくなります。また、生活のパターンが規則的なら健康を維持できるという利点がありますが、度が過ぎると微妙な環境の変化に対応できずに影響を受け安くなります。

気がつかずに生活した結果

あまりの疲労感に耐えきれず、マッサージや筋肉をつけて補っている方も少なくないと思います。整体を受けることも必要ですが、今までなんとなく行ってきた生活習慣を根底から変えることが必要です。肩や背中の重だるさ、腰から下の鈍痛や足がつるのが特徴です。

計画的な生活に変えるとカラダは変わるのですよ

未来を見据えて効率化すると、身体がボロボロになるのを避けれます。そこで、食事の偏りを改めて行きます。多くの疲れは、実は、野菜とタンパク質の取りすぎと糖不足です。コーヒーを飲み過ぎは一時的に血糖値を下げ、習慣化されると疲れが抜けなくなりますが糖を一緒に補給すれば問題なしです。

理想は、【糖2に対してタンパク1】

炭水化物を始めとする暴飲暴食や偏食を見直すと、疲労の蓄積がより少なくなります。また、睡眠を増やすと判断力は上がり、完璧を求めないことで心配事が少なくなり、何を行うにもエネルギーの節約ができ、結果、元気になっていきます。

元気を取り戻すために

夜勤仕事や終業時間が遅くて、食事の時間が不規則で胃に負担がかかっている方でも、当院の特殊な整体法で胃腸の負担を軽減することで症状の早期緩和が期待できます。 症状をこじらす前にぜひ当院の施術にいらしてください。

完全予約制 「ホームページを見て」とお電話ください。
070-5300-4976

平日 9:30~19:30
 土 9:30~16:00
日・祝日はお休みです

〒740-0001 山口県岩国市装束町5-11-21 駐車場2台有

体質
岩国の整体【太子堂】自然と体が楽になりイキイキと前向きになりたいあなたへ