腰痛(腰の痛み)の真の原因をお知らせします

腰痛

腰痛の(腰の痛み)人は増え続けています。
厚生労働省の国民生活基礎調査によると、日本人の中で自覚している症状の第1位が腰痛、第2位が肩こり、第3位が関節痛だそうです。

この調査によると、日本国内の腰痛患者は約1000万人。

これだけ医学が進歩しても、医学としての腰痛治療法はいまだ確立されていないのです。
病院で腰痛が治るのなら、整体院など民間療法は必要ありません。

太子堂にも、病院でなかなか治らない腰痛(腰の痛み)やヘルニアの患者さんがたくさん来院されます。中には不適切な腰痛治療をくり返していることで、回復が遅れていると考えられるケースもあります。

太子堂では、腰痛患者さんに対して、正しい腰痛に関する情報をお知らせするとともに、真の原因にアプローチする整体を行なっています。

腰痛の原因とは?

腰痛(腰の痛み)に関して、常識と言われている情報の多くが根拠のないもので有ったりします。

  • 人類の宿命説
  • 年のせい
  • 職業病
  • 骨の変形のせい
  • 安静第一
  • コルセットが必要
  • 湿布が必要

などなど…。

これらの腰痛に関する常識について、あなたも耳にしたことがあると思います。しかし、これらの説はしっかりとした根拠があるわけではないのです。

これから腰痛の常識がいかにあやふやな情報であるか、ということについて述べたいと思います。

腰痛は二足歩行の宿命か?

腰痛は二足歩行をする人間の宿命である、とする説があります。

私も学校でそのように教わりました。
しかし、腰痛ではない人はどうなのでしょう?
二足歩行をする人間は全員腰痛なのでしょうか?
腰痛とは無縁の人もいます。

腰痛が二足歩行をする人間の宿命であるならば、歩くことが少なくなった近年、腰痛患者が急増していることもおかしな話です。

腰痛患者は激増しています。
人口増加率の10倍以上のスピードで腰痛患者数が増えているという調査結果もあります。

人類の進化には500万年の歴史があります。
500万年かけて進化してきたのです。

二足歩行が自然に逆らったものであれば、腰痛どころかとっくに人類の歴史は終わっていたと思うのです。

以上のことから腰痛は人類の宿命というのはすこしおかしな話だと思いませんか?

当院では、腰痛と無縁で生活することは十分可能と考えています。

腰痛は年のせい?

病院へいくと、腰痛(腰が痛い)の原因を年のせいにされることが多いです。「年だからしょうがない」と言われる人も多いことでしょう。しかし、高齢で腰痛を感じない人もたくさんいますし、若くて腰痛の人もいます。

それどころか、腰痛患者の年齢調査資料を見ると20代から40代がピークなのです。働き盛りの年代が最も腰痛患者数が多いのです。

腰痛の初発年齢(初めて腰痛になった年齢)も20代が最も多いのです。

そして高齢になるほどに腰痛患者は減っているのです。
これは「腰痛は老化のせい」という常識が、現実とはまったく反対であるということです。

当院に腰痛で来院する患者さんも、20~40代の人が多いです。

腰痛とチカラ仕事(職業)の関係

腰痛は職業病である、という常識もあります。

あなたは腰痛はどんな職業の人に多いと思いますか?
力仕事や肉体労働を職業とする人に腰痛患者が多いと考えていますか?

腰痛患者と職業の関係を調査した資料によりますと、肉体労働者の腰痛患者の割合と専業主婦の腰痛患者の割合はほぼ同じくらいです。職業別でみると、もっとも腰痛患者が多いのはなんと無職の人たちなのです。職業と腰痛に医学的な因果関係はないのです。

当院では、職業別というより、

  • その人がどんな姿勢や動作でその仕事に取り組んでいるか?
  • その人がどんな精神状態でその仕事に取り組んでいるか?

ということが腰痛と関係しているのではないかと考えています。

腰痛と骨の変形

腰痛や下肢痛で病院へ行ってレントゲン撮影やMRIなどの画像検査を受けると、多くの人に腰椎の変形が見つかります。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、椎間板の狭小などです。

そしてそれらの腰の骨の変形が腰痛の原因であると言われています。

日本国内では、医学的にもそれが正しいとされていて、お医者さんも腰痛患者さんもそれが真実であると信じています。しかし、医学といえども仮説の上に成り立っています。

ここ数十年の現代医学の進歩により、先進諸外国では「腰痛と腰椎の変形には因果関係はない」とする論文が多数発表されています。

ジョージワシントン大学の研究によると、過去にまったく腰痛を経験したことのない人にMRI検査をしたところ、60歳以下の痛みのない人の1/5に椎間板ヘルニアが認められ、半数の人に椎間板の膨隆が見られました。また、60歳以上では1/3に椎間板ヘルニアが見つかり、80%近くの人に椎間板の膨隆が認められたということです。

ジョージワシントン大学

つまり、60歳以下の約半数は椎間板ヘルニアかヘルニア気味。80歳以上の約80%がヘルニアかヘルニア気味、というわけです。

しかもこれは腰痛患者に対する検査ではなく、過去にまったく腰痛を経験したことのない人たちの検査結果というのですから驚きです。

椎間板ヘルニアでも腰痛じゃない人もたくさんいるのです。
椎間板ヘルニアだから腰痛であるというこれまでの常識の説明が覆されようとしているのです。

当院では、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、難治性の腰痛患者さんに対して、まず腰痛に対する常識を頭からいったん忘れてもらうようにしています。

これまで信じてきた腰痛常識によって、回復が遅れてしまうことも多々あるのです。

腰痛対策について

腰痛患者さんはどうしたらよいのでしょうか?
腰痛対策としては、血流を促進することをすればよいのです。

太子堂では、腰痛治療に関して様々な情報を集めてきました。

カイロプラクティックや整体などの手技療法のみならず、心理療法や免疫療法など様々な角度から腰痛に関する研究をしてきました。

その結果、現段階の考えとして「腰痛の原因は患部の血流障害である」との結論にいたっています。

腰痛は整体でも、カイロでも、針でも灸でも、温泉でも漢方でも心理療法でもストレッチでもマッサージでも運動療法でも温熱療法でも改善するのです。

それらに共通することは患部の血流が変化するということです。

血流が改善することにより、神経や筋肉の組織に酸素と必要な栄養素が届き、老廃物が排出されます。その結果腰痛も改善します。

「腰痛の原因は患部の血流障害である」ということはおそらく正しいと思います。

しかし、なぜ血流障害を起こしているのか?という問題を考えると腰痛患者さんにより、その原因は様々です。

  • 不良姿勢
  • 運動不足
  • 一定姿勢での作業
  • 食生活の問題
  • 必須栄養不足
  • 偏食
  • 浅い呼吸
  • ストレス
  • 感情の不調和

などなど・・・

日常生活の様々な要因が血流障害を作り出す原因となるのです。

腰痛と安静(寝て待つ)の関係

腰痛は安静にしていないと治らないのでしょうか?

実は腰痛に不要な安静は禁物なのです。

当院には、ヨーロッパの急性腰痛診療ガイドラインの要約がありますが、それによると腰痛患者に対して「治療としての安静臥床を指示してはならない」と書かれています。

どうしても腰痛がひどくて動けない場合を除いて、いつまでも安静にして寝ていると回復が遅れることが医学的にも明らかになっています。

腰痛患者を「安静臥床のグループ」「ストレッチを積極的にしたグループ」「日常生活を続けたグループ」に分けて比較調査すると、安静に寝ていたグループが、最も回復が遅く欠勤日数も多かったのです。

腰痛で痛くても、少しでも動けるようになったら、なるべく日常生活を続けるようにすると腰痛の回復も早いのです。(無理は禁物です)

当院では、なるべく安静期間は短くして日常生活を続けるようにアドバイスを行なっています。

腰痛とコルセット

腰痛で痛くて動けないときにコルセットや骨盤ベルトなどで保護することがあります。骨折や重度の腰痛を除いて、自力で動ける場合にはなるべく早期にコルセットをはずした方がよいのです。

コルセットをすることで、締め付けますから腰の血流が制限されます。

血行が悪くなります。また、筋肉を使わないので、長期的に使用すると筋力が低下します。

当院では、コルセットはなるべく使わないようにアドバイスしています。

コルセットがないと仕事ができない、腰痛がつらい、などのケース以外はコルセットをなるべく早期にはずすように指導します。

腰痛患者さんの中には、コルセットをしていないと腰痛が治らないと信じて、苦しくても使い続けている人もいます。

そのような人には腰痛の正しい情報を紹介し、安心してもらっています。

腰痛と痛み止め

腰痛で病院にいくと多くの場合、鎮痛剤と湿布が処方されます。腰痛は血流障害が原因ですから、鎮痛剤を長期使用すると血流障害がひどくなります。

鎮痛剤は神経反射を抑えて痛みを和らげているのです。

せっかく整体を受けたりお風呂で温まって血流が良くなっても、毎日鎮痛剤を飲んでいる人はまた血流が悪くなりますから、非常に腰痛の回復が遅いのです。

湿布も鎮痛剤と同様に、血流を抑えますが、湿布の場合は患部周辺に効果があります。

しかし、鎮痛剤の場合は飲み薬なので全身に効果が及びます。

鎮痛剤の長期服用は全身の血流障害を起こしやすくなります。
その結果、血圧が上がって降圧剤も処方されるようになります。

交感神経が優位になり、血糖値も上がりやすくなりますから血糖値の薬も処方されるようになります。

腰痛などで整形外科に毎日通院している高齢者がいますが、「安静」「コルセット」「鎮痛剤」の三点セットで腰痛の回復が遅れることはあまり知られていません。

当院では、腰痛に関する正しい情報をお伝えすると共に、血流を促進する整体や生活改善アドバイスを行なっています。

当院の整体について

入浴、運動、リラックス、整体、散歩、温泉、カラオケ、、、なんでもよいのです。

気持ちの良いことを味わう、好きなことを楽しむと、心と体がリラックスして血流も改善します。

太子堂では、骨格のバランス、神経バランス、内臓バランスの3つの観点から血流を促進する整体を行なっています。
※ただし、急性腰痛の炎症が強い時期には安静を指示したり、血流を抑制する施術(アイシングなど)をすることもあります。

腰痛に関しては、専門家の間でも様々な考え方があります。
治療法によっても腰痛へのアプローチが異なります。

当院では、患者さん本人の感覚を最優先し、楽になる整体を行なっています。

完全予約制 「ホームページを見て」とお電話ください。
070-5300-4976

平日 9:30~19:30
 土 9:30~16:00
日・祝日はお休みです

〒740-0001 山口県岩国市装束町5-11-21 駐車場2台有

腰痛
岩国の整体【太子堂】自然と体が楽になりイキイキと前向きになりたいあなたへ