腰痛(腰の痛み)を予防する正しい方法とは?

疲れがたまると腰痛になる。
血流がわるいと疲れがたまることについてお伝えしました。

今回は、より実践的な血流を保つ方法をお伝えしていきますね^^

身体がつらくなったとき、どんな対策をしていますか?

よく、こんな方がいます。

ストレッチ・腹筋・背筋をする。

もちろん腰痛の軽減は可能です。

太子堂では、自然に戻る健康な身体の基礎作りを目的としていますので、

筋肉はつけません!ストレッチもしません!

自然の法則・身体の法則と調和する!本来誰もが持っている自然治癒力を引き出す!のです。

太子堂の考え方

まず、血流がわるくなった腰はだるくなり、背中が曲がってきます。

もちろんこの時点で痛い方も多いです。

そんな時、姿勢がわるいからダメ!とか思わずに楽な気持ちいい姿勢をとってください。

背中がすごく曲がるくらい楽な気持ちいい姿勢をとってください。

そのまま維持します。

楽な姿勢も維持するとだるくなってきますので、再び楽な姿勢をさがしてください。

左にひねったり、右にひねったり、楽な姿勢をとりましょう。

何回も繰り返すことで自然に血流が戻ってきます。

楽な姿勢になることで血流を戻そうとしている

⑴楽な姿勢をとる
⑵しんどくなったら楽な姿勢を再び探す(繰り返し)

あとは、普段からゆっくりウォーキングをしてあげることで筋肉が動き、流れを促進できます。

簡単で小さな積み重ねですが、あなたも治る力を持っています。

ただ、目の前のことにとらわれ、有効に引き出す方法を知らないだけなんです。

ぜひ、今日から実践してみてくださいね^^
次は肩こりについてです。