妊娠中の腰痛:妊婦さんでも整体OK

骨盤矯正

妊婦さんの腰痛のかたは多いです。
しかし、腰痛を解消しようとしても、うつ伏せになれないし、ボキボキもできない。
赤ちゃんに影響があったらどうしよう・・・。

腹帯を巻きましょう!

人間の骨盤は、3つでかこまれた桶状の器になっています。
この3つの骨がバラバラにならないように「タガ」の役割を果たすのが腹帯です。
巻き方は、一日おきに交互の方向から巻きます。同じ方向に巻き続けると、一方向に歪みを発生させます。

胎児が大きく育つほどに、内部からの圧力が骨盤にかかります。この圧力を腹帯が守ってくれます。
骨盤が安定していることで、出産時の骨盤の開きを安定させ、胎児の育ちすぎや、早産を防止することができるんです。

子宮内の羊水は、3時間ごとに潤環し、新しいものと入れ替わっています。潤環を促進するのが歩行が大事な役目となっています。呼吸器、循環器、泌尿器、脳神経系の機能を高める効果もありますので是非!

息苦しい、だるい、など良く聞きますよね。

妊娠中は、用心しすぎて運動不足になりがちですが、体調をみて1日30分程度は歩くことをおススメします。
もちろん痛い場合は控えてくださいね^^

腹帯しても、痛みがとれない、ひどくなる、痛くて歩けない、場合はご相談ください。☆

太子堂は
ご本人がすぐ気づくレベルの確かな整体院です

ご予約はこちらから【電話番号】070-5300-4976

ご予約、お体の悩み、骨盤矯正のご質問等はLINEからお気軽にどうぞ。

痛みというのは、あなたへの緊急サインです。

ほとんどの場合、痛かった所には原因はなく、他の部分に原因があるのです。(外傷などのケガは除く)

もう、「その場しのぎ」=「ダマしあい」はやめにしませんか。

もし、あなたが『あきらめるしかないな・・・』と思っていらっしゃるなら、ぜひ1度、当院で自然に治る力を引き出す整体を試して頂きたいと思います。

ご予約はこちらから【電話番号】070-5300-4976