慢性腰痛(治らない腰の痛み)でお困りの方へ

慢性腰痛の原因は脚の筋肉と深い関係にあります。
原因が解消されない限り腰痛は繰り返し起こります。

一般的に腰痛は非常に治りにくいというイメージがあります。
実際に一度腰痛に悩まされると、一時的には良くなっても、しばらくすると再発するケースがほとんどです。

「腰痛持ち」という言葉もあるように、常に腰痛に悩まされている方が非常に多いです。

病院に行っても、痛み止めの薬や、湿布を渡されるくらいで、根本的な治療を受けられることはほとんどありません。

患者さん本人も、腰痛は持病だし、治らないものだと考えている方も多いように思います。

慢性腰痛の整体法

どの整体法も、腰痛に対してそれなりの効果を出すことは可能です。

今まで、様々な治療院などを渡り歩いてきた方はわかると思いますが、治療や、施術を受けた直後はなんらかの症状の改善はあったと思います。

問題は、その効果が長続きしないことにあります。

治療を受けた当日は調子がよくとも、早ければ翌日にはまた元のつらい状態に戻ってしまいます。一週間もよい状態が続けばよい方でしょう。

また、つらくなって治療院を訪れる。治療を受けて楽になる。またしばらくすると、痛くなる。また治療に来る。その繰り返しをしている方が多いのではないでしょうか。

太子堂の整体は、腰痛の原因となっている筋肉の緊張を緩めたり、骨格のバランスを調整することはもちろん、自律神経や内臓疲労にアプローチして自然治癒力を引き出すのが特徴です。

筋肉や骨格、自然治癒力が正しい状態に近づくと効果が長続きします。

慢性腰痛と脚の筋肉の関係

一般的な慢性腰痛について解説します。

健康な人は、うつぶせになってみると、腰が少し前にそっているのですが、腰椎の前湾が減少している人は、うつぶせになっても、背中から腰にかけてストーンとまっすぐになっているか、逆に腰の部分が後ろに盛り上がっている人もいます。

よく見られるのが、腰椎のカーブがほとんどなくなっている前湾減少(まっすぐ)タイプです。

骨盤をみると、骨盤の傾斜(前傾)が少ない状態になっています。 筋肉を見ると、腰の骨の両側の筋肉がパンパンに硬くなっています。

腰の筋肉をほぐして、骨盤の傾斜を矯正すると腰痛は楽にはなります。
しかし、これだけでは不十分なのです。

太ももの硬さと内臓疲労

さらに筋肉を触診すると、臀部の筋群も硬くなっています。太もも(ハムストリングス)や、ふくらはぎも緊張しています。

実は、これらの太もも(臀部から下肢の筋群)が緊張していることで、骨盤が後ろに傾くように引っ張られて、その結果、背骨がまっすぐになってしまうのです。

慢性腰痛の治し方としては、腰椎や骨盤へのアプローチだけでは不十分です。
内臓疲労と大きく関係のある太もも(臀部や下肢の筋肉の緊張)を緩める必要があります。

ヘルニアに悪化する可能性も…

さらに、背骨がまっすぐになるということは、腰椎が後方にストレスを受けやすくなるので、ヘルニアなどを生じる可能性があります。そこで、体は防御反応として、腰の筋肉を硬くして背骨を守ろうとするのです。

ピキッと痛みが走るのはヘルニアの前段階。

この場合、腰痛の原因は臀部と下肢の筋群の緊張です。
臀部や下肢の緊張の原因は、座りっぱなしのオフィスワークだったり、運動不足だったりします。

当院では、慢性腰痛の施術として、原因となる下肢の筋群も含めて調整を行なっています。そうすることで、腰痛に対する施術の効果が高まり、効果の持続期間が長くなります。

しかし、、、
一番大切なことは、患者さん本人の努力や心がけになります。
たとえ、下肢も含めて調整し、症状が楽になったとしても、下肢の筋群の柔軟性を取り戻さない限り、腰痛はついてまわる事になります。

ですから、症状にあわせて自宅で出来る自己療法や生活習慣指導を行なっています。

「症状に合わせた自己療法」というところがポイントです。
同じ症状を抱えていても、患者さんによって症状の原因となる筋肉は全く異なるからです。

※腰痛には様々なタイプがあり、様々な原因が考えられます。ここで挙げたのはよくみられるケースですが、一つの例に過ぎないことをご了承ください。