野菜食がまねく慢性疲労とは?

ベジタリアンやヴィーガンなどの野菜中心のブームによって「野菜を食べると健康に成る」という風潮が起こりました。

果たしてそれで正解なのでしょうか?

これは基本的なサイエンスを無視しているので体調を崩します。

野菜はたくさんの弱毒を忍ばせています。

食物繊維が豊富な野菜。
それらをたくさん食べると便秘解消につながります。

ウンチは食物繊維と水分で作られているので、野菜(食物繊維)を食べることで便が多くなるのです。便が多くなるので便秘が解消されたと認識できます。

次に、季節の旬な野菜には微量な弱毒があります。苦い辛いのが季節の野菜の特徴です。野菜を食べると弱毒によってお腹を壊し、便秘をリセットしているのです。

「毒をもって毒を制す」

季節の野菜を食べてデトックスする方法を昔から取り入れていたんですよね。

現代人はデトックス不足なので…

現代人が健康になるには、体内のデトックスが必要と言われています。
そのとき野菜に白羽の矢がたったのです。

野菜には弱毒があるので、大量に食べることでデトックスが可能になります。ところが、現実問題で野菜を大量に食べることができないのです。困った困った。

そこで毒気の強い状態(つまり生野菜)のまま食べることで、少量でデトックスすることに成功したのです。

このように、野菜を食べることでデトックスでき、体の中から健康になる方法へと確立されて行きました。

毒も溜まれば猛毒になる

野菜を食べる時は、加熱調理をして毒気を軽減しないといけません。

その一つに「アグリチニン」という毒気は、赤血球と赤血球をくっつける役割があります。もし、体内に癌細胞があると癌細胞と血管血液をくっつけて増殖・転移することがあるので、野菜の食べすぎや生食には注意が必要です。

インフルエンザウイルスやバクテリアが増殖するのも同じ理由です。

アレルギーや原因不明の体調不良になりやすいので注意が必要です。

まとめ

方法は山のようにあります。
その中から自分に必要なものを取り入れて、実行することはとても良いことだと思います。

しかし、バランスというものを忘れていませんか

タンパク質、糖質、脂質、ミネラル、ビタミン

バランス良く食べるのが健康には1番必要なことなのです。
【今だけ】【今すぐ】効果を出すこともイイですが、人生も長いですから【ずっと】【これからも】通用する方法を取り入れることをオススメします。