膝前(皿の下)の痛みが治らない原因

膝前(皿の下)の痛みは【胃】の疲労が原因のことが多い

膝の前面が痛いケース。膝のお皿(膝蓋骨)周辺に痛みがある場合は、大腿の前面の筋肉が緊張しています。その緊張を緩和するような整体を行なうと、膝の痛みも一時的に楽になります。当院でも以前はそのような施術をしておりました。

しかし、近年はそこからもっと深く踏み込んで考えるようになりました。左膝が痛いとして、左の太ももの前側が緊張しているとしましょう。それではなぜ、左太ももがそのように緊張しているのでしょうか?

答えは「左太ももを緊張させなくてはいけない原因があって、体がわざわざ左太ももを緊張させているのです。」

答えになっていないような答えですね。

この場合に、左太ももの緊張を手技で解放させたとしても、その原因が変わらない限りすぐにまた緊張は戻ってしまうのです。

そうやって考えると、真の原因を探し、そこにアプローチすることが大切だということがわかっていただけると思います。だから当院では膝が痛くても膝に直接施術することはめったにありません。

膝にストレスを与えている原因を探り、そしてそのまた原因を探っていきます。原因はもちろん一つだけではなくて、直接的な原因以外に間接的な原因はいろいろあるわけです。そういうところまで考えて整体できるかというところが腕の見せ所です。

だけど、どんなに腕のよい先生でもその原因をすべて明確に把握できる人はいません。「これが原因ですよ」とはっきり言い切る先生もいますが、その原因も先生によって様々です。

そこで、当院では私がそれを判断するのではなくて、患者さんの体に直接教えてもらうということをやるのです。もちろん解剖学や運動学などの知識も必要ですが、それも参考程度にして、最終的には患者さんの体と対話しながら体から教えてもらうのです。

その辺が他の一般的な整体と違うところです。